FC2ブログ

いつかはPremium

プレミアムという言葉にあこがれている,サラリーマンの日記。


■■車関連の本,DVD,ミニカーが欲しいと思ったら欲しい本、DVD、ミニカーがみつかる、Store Amazon


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | にほんブログ村 | 車ブログ
ヴィッツをフルモデルチェンジ。

コンパクトカーに新たな風を吹き込んだ車も、これで3代目となった。

最近は販売台数でホンダのフィットに押され気味であるが、まだまだ強いコンパクトカーだ。

今回の3代目は今まで以上に市場調査を念入りに行ったとか。

それも欧州からの声を反映させた結果が、今回のカタチとして発表された模様。

そういえば先のラクティスのSモデルには欧州仕込みのサスを売りにしていた。

ここにスバルの意見が反映されての結果かどうかは不明。

さてヴィッツ。

こんどは今までにないエクステリア。

なんとなくゆるキャラ系であった先代までの顔とは異なり、厳つい顔に変わったことが一番の変化ポイント。

それでもぱっと見た雰囲気は、ヴィッツそのものであると思うのは自分だけであろうか。

ちなみにサイズはほぼ先代と同値。

エンジン構成は1.0Lと1.3Lと1.5Lの二つであり、アイドリングストップも搭載。

燃費は最大で26.5Km/L。

モデルはエントリーのF,スタンダードのU,スポーツグレードのRS。

さらには華やかさをうたったJewela(ジュエラ)。

なんとボディーカラーは一七色(モデルによる)から選べるとは、これは最近にはなかった傾向。

トヨタの本気度が伺える。

さてさて、実車をみていないが、どれほどの完成度なのか。

どのくらい売れるのか。

そして、ファーストカーとして成り立つのか。

気になる1台である。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://premium200.blog18.fc2.com/tb.php/228-de1d1b64

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。