FC2ブログ

いつかはPremium

プレミアムという言葉にあこがれている,サラリーマンの日記。


■■車関連の本,DVD,ミニカーが欲しいと思ったら欲しい本、DVD、ミニカーがみつかる、Store Amazon


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | にほんブログ村 | 車ブログ
トヨタから新しいクラウンのニュースが流れてから、どれくらいの時間が経過しただろうか。

はじめにそのフェイスを見たときは、ちょっと引いてしまった。

それでも見慣れてくると、違和感を抱かなくなった。

そしてディーラでの展示車を目にすると、なんだか格好良く思えてくる。

さらに走っている姿をバックミラー越しに眺めると、これまた格好良い。

特にアスリートは素人目からするとずいぶんとスマートに見えてしまうのは気のせいか。

後ろ姿はクラウンそのものだが、前からみてもそれはクラウンというアイコンになっている。

プリウスに様に町中に溢れることはまず無いと思うが、久しぶりに見た格好良いセダンだ。





スポンサーサイト
さてさて、沼津漁港。

過去にも数回ほど、訪れているのだが、やはり多くの人で賑わっている様だ。

立体駐車場に車をおいて、腹を空かせるためにも散策開始。

道々に建つ店から威勢の良い声が聞こえ、食欲をそそる香りを鼻で察知。

何を食べるか、寿司か丼モノか、それとも焼き物、揚げ物・・・。

などと迷っていながらウロウロと30分ほど放浪。

今回はイーノ内にある「すし廻鮮 うお亭」でお食事をとることに。

寿司ということだが、なぜか駿河丼を注文。

寿司がメインなんだろうけど、やはり丼の方が食べたかったという些細な理由だ。

あと単品でカサゴの唐揚げや握り寿司を頬張る。

4歳の子共には少々贅沢・・・ちゃんと味わってくれと腹の中で思いながら、楽しい昼食のひととき。

食の感想をわざわざ記載する必要はないだろう。

満足である。


さて帰りに少々遠回りして静岡市部へ向かってドライブ。

新東名経由で帰路についたのだが、清水SAにて光岡自動車の大蛇に遭遇。

SAの施設の中に展示してあった。

orochi.jpg

それも中古車ながら800万円ほどというお値段付きで。

これには車好きの4歳の子共が大満足。

さらにミニカーも飾ってあり、なぜかそれを眺めながら1時間近くも休憩する羽目に。

なかなか良い展示物をありがとう。

目の保養になりました。

さてさて伊豆への旅行2日目。

本日のメインはイチゴ狩りということです。

さっそく宿をチェックアウトした後に、イチゴ狩りの会場へと向かった。

そこはのんびりした雰囲気の街。

時々見える富士山を眺めながら、ドライブは続いた。

韮山イチゴ狩りセンター。

今回、お世話になったイチゴ狩りの会場である。

受付を済ますと、イチゴ狩りができる畑へ車で移動するというのだ。

そういうシステムであることをまったく知らなかった。

農道と思われる道に路駐して、徒歩1分のビニールハウスへ。

そこでイチゴを味わうことができるのだ。

ichigo_kari.jpg

基本30分という時間内は食べ放題だという。

はじめにおばさんがイチゴのもぎ取り方などを指導してくれる。

イチゴはヘタの方から食べると良いということを教わり、さっそく食べ放題開始。

ふむふむ甘い甘い、時々冷えたイチゴがあるのが予想外。

大きいイチゴもあれば、小粒なイチゴも成っている。

思ったよりも食べられそうだ、などと思っていたが10分ほどで「もう、いいかな」と思う様に。

後半は美味しそうなモノだけを狙い、もぎ取って口の中へ。

お腹いっぱいになった辺りで退散。

思ったよりも食べられたかな?


こうしてイチゴ狩りは無事終了。

さて帰路につくには少々早いということで、沼津漁港で昼飯をとることに。

続きは次回。
ひさしぶりに、こちらのブログを更新します。

いろいろと忙しいから?それもと面倒になったから?

事情は様々ですけど、何はともあれ久しぶりの書き込みになります。

先日いった旅行について、書かせてもらいます。

初めて伊豆の修善寺温泉というところに一泊の旅行に行って参りました。

何度かドライブの途中で通ることもあったのですが、実際に修善寺温泉を訪れたのは初めて。

どんなところかと期待に胸を膨らませてました。

歴史と伝統のある温泉街。

こういえば素晴らしく聞こえるでしょうが、実際はどうなんでしょうね。

この季節に行ったからか異常に寒くてあまり歩き回ることも出来ず。

修善寺という由緒あるお寺を参拝し、竹林が有名ということを耳にして散策した程度で宿籠もり。

chikurin.jpg


もう少し暖かければ、他にもいけたと思うのですけど、なにせ手足が冷えるし、天より滴が落ちてきたので終了となったわけです。

歩いて気がついたのがちょっと道が狭い割に、タクシーを中心として車の往来が多いこと。

それなりに観光客が訪れているという事なんでしょうけど、小さい子共をつれていたからかちょっと気になりました。

さて、肝心な温泉。

どうもとまった宿が外れであったのか、他であればもっと満足が出来たのか。

ちょっと残念な結果でした。

まぁ値段を考えれば相応であり、満足できる筈なんでしょうが、期待しすぎたのが良くなかったのかもしれませんね。

次の日はイチゴ狩りの予定。

それは次回。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。