FC2ブログ

いつかはPremium

プレミアムという言葉にあこがれている,サラリーマンの日記。


■■車関連の本,DVD,ミニカーが欲しいと思ったら欲しい本、DVD、ミニカーがみつかる、Store Amazon


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | にほんブログ村 | 車ブログ
トヨタが以前から開発をすすめていた小型FRスポーツ。

FT-86というコンセプトネームが先行し、来月おこなわれる東京モータショーで実車と、そのネーミングが発表されると多くの人が思っていた。

しかしそれは前倒しにされた。

名前は 86 という。

なんとイベントで豊田章男社長自らステアリングを握って登場。

オレンジにカラーリングされたFT-86。

そして発表されたのが86という名称。

これがいったい何時、発売されるのか。

できれば4ドアセダンのFR車にして欲しいという願望はありますが、2台体制が可能な環境になれば所有したいです。


スポンサーサイト
これって地域限定なんですか。

ブルースが出てこないCMがあったんですね。

おちついた感じがエコカーっぽいです。



年末ジャンボ宝くじが発売されました。

なんと今回は一等の当選枠が倍に増えたどうだ。

もしも一等が当たったらどうしよう。

ついに車を買い換えできるかもしれない。

そしたら、まずはこれを候補に挙げたいな。

Lexus IS F。







プロ野球、横浜ベイスターズ。

親会社がTBSからDeNAへと変わろうとしている。

まだ参入が認められたわけではないので、現在はまだTBSが保有していることになる。

さてさて、先日の事ですが尾花監督が解任されました。

3年契約だからといって、2年も連続して最下位では致し方ないですね。

責任ということでは指揮官が辞めるのは、成績があれではしょうがない。

フロントの方では誰が責任をとったのかは知りませんけど。

ここで次の監督は誰なのか?

一時期、スポーツ新聞では元ジャイアンツのクロマティ氏だとか、先日中日の監督を辞められた落合氏。

そして元ライオンズの工藤氏などいった名前が出てきている。

何を優先にして監督人事を決めるのか。

このチーム状態ではお客が呼べるとか、魅力ふんぬんとか言っていられないでしょう。

とにかく勝てるチーム作りが大切。

やはりきちんとしたビジョンを持った人がいいですね。

そしてやる気を持たせてくれる人。

これは選手はもちろんだが、応援するファンもその気にさせてくれる人。

そのためにはやっぱり勝てるチームを作り上げてくれる人なんて最適です。

でも誰が適任かはわかりませんけど。

やっぱりセダンがいいです。

マークXは値段も手頃ですし、スタイリングもよい。

かっこいいですね。




欲しいよ。
ちょっと大人のプレミオ。

懐かしいCMです。




320d です。

エンジンはディーゼルだそうです。



やっぱりBMWは気になりますね。

とくに3シリーズ。

がんばれば、何とか手が届くかもしれない・・・という微妙な値段。

気になります。



横浜ベイスターズの話題を少々。

さまざまな混乱の中、親会社がTBSからDeNAへと変わることがほぼ間違いなくなった。

ここまで成績が低迷していては、だれも文句ないだろう。

TBSがあまり乗り気でなかったのは、球団を保持した経緯からも明らかだ。

これからどんなチームとして育てていくのか。

DeNA側は長期的にチームを保持し、フランチャイズも横浜のままに据え置くと言ったとか。

どこまで信頼できるのか不明であるが、横浜から離れるという心配はしばらくなさそうだ。

ちなみに球団名は?

「横浜DeNAベイスターズ」になるということになるとか、ならないとか。

せっかく球団名に社名がのぞかれたチームであったのにちょっと残念である。

それでも球団が存続してくれているだけでも、ファンとしては御の字だろう。


そういえば尾花監督が解任され、これから首脳陣の人事ということになるのだが。

どっかの誰かがお客を呼べる監督を・・・などと言ったとか。

ファンとしては野球を楽しみたい。

パフォーマンスよりも純粋に野球を観戦するためにスタジアムへ足を運ぶのです。

そこを誤らないでいてもらいたいですね。

トヨタからついに、小型ハイブリッドカーの市販バージョンが発表された。

来月行われる東京モータショーで正式にデビューするという。

その名は「アクア」。

そして国外では「プリウスC」として、プリウスファミリーの末子として登場。

全長3995mm×全幅1695mm×全高1445mmというスリーサイズはヴィッツなみ。

現行プリウスと比較すれば一回り小さい大きさ。

ホンダのフィットハイブリッドよりも全高は低くなる。

ちなみに燃費はJC08モードで35キロ/Lだという。

どの程度の値段で発売されるのかが気になるが160万円が一つのボーダーラインだろうか。

さて発売は12月末。


トヨタブランドからスポーツバージョンとして、G'sというのが設定されて久しい。

第一弾がミニバンであるノアとヴォクシーであったのには以外であったが。

ちなみにこのG'sってどうなんでしょうね。

今更なんですけど。

そういえば、先日もヴィッツに追加されましたっけ。

こちらはなんだか走りそうな雰囲気を醸し出している様ですけど。

ただどうせならMTモデルで運転したいというのが個人的な思いがあります。

でも先日みたヴォクシーのG'sバージョン。

ある観光地の駐車場で目にしただけでしたが、エクステリアだけでも周りとは違った雰囲気があり、ちょっと興味がわいたのも事実です。





トヨタはラクティスを一部改良。

まぁそれだけならたいしたことは無いかもしれない。

でもでも、そこにちょっと以外なモデルが追加された。

ミスタードーナツとコラボレーションした特別仕様車がそれだ。

なんと特別色として「ストロベリーメタリックオパール」が存在している。

これはなんだ?

茶目っ気というならよいが、これを目にすることは希になりそうだ。

特別色を選ぶと、ドアミラーやドアハンドルそしてバックガーニッシュがベリーレッドマイカとなる設定だ。

色の名称ではイメージが沸かないと思うので、詳しくはトヨタのホームページをみてください。

http://toyota.jp/ractis/smartstop/002_p_004/sp_equipment/index.html

ホンダ待望のミニバンハイブリッドが登場。

フリードおよびフリードスパイクにIMAを搭載したモデルをラインナップ。

小さなミニバンとして、ちょうど良いサイズとして、認知されているモデル。

これにハイブリッドという飛び道具が加わり1Lあたり24キロという燃費を実現。

エコカー減税もまだ間に合うタイミング。

値段も214万9000円からという。

もしかしたらフィットを食う勢いがあるかもしれない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。