FC2ブログ

いつかはPremium

プレミアムという言葉にあこがれている,サラリーマンの日記。


■■車関連の本,DVD,ミニカーが欲しいと思ったら欲しい本、DVD、ミニカーがみつかる、Store Amazon


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | にほんブログ村 | 車ブログ
トヨタへの要望。

日本導入を検討してもらいたい。

それは,オーリスのハイブリッドモデルだ。

この情報をしった時に,ちょっと心が動かされた。

購入するかどうかは,未定であり,どちらかというと見て終わるだけかもしれない。

それでも映像を見る限り,気になってしまう1台である。







スポンサーサイト
HONDA Green Machine #003 が始動。

ショーモデルとして,またインサイトとは違う視点でショーに展示された車。

実用性だけのハイブリッドではなく,操って楽しいという新境地を,戦略的な価格で提供される車。

CZ-R の予約が一部ではじまったとか。

事前の情報では 6MT が搭載されるモデルもラインアップされているという。

実車はまだ目にしていないが,ちょっと間近で観察してみたい車種である。

いや観察だけでなく,2代目プリウスの様に,ちょっと試乗してみたいと思ったハイブリッド車である。

そろそろ正式発表されるだけに,ちょっと楽しみだ。



エコブームからか、車もエコが全盛である。

なんといっても、昨年発売されたトヨタのプリウスはハイブリッドというシステムでもって、燃費よく排出ガスも少ないという触れ込みから、値段の安さも手伝って、ぶっちぎりの売れ行きであった。

プリウスと並んで売れたのは、同じハイブリッドシステムという名だが、システム的には異なるホンダのインサイトも同様である。

ひさしぶりに、ドライブしていたのだが、やはりこの二台とすれ違う機会が多い。

一時期の様に大きなミニバンばかりではないので、視界を遮られることも無いので良いことだろう。

世の中に風潮にもあっており、このまま一気にダウンサイジングと向かって欲しいところだ。

ちなみにマイカーであるアルテッツァ。

世間からは非エコカーとして、見られてしまうようだ。

地球環境にも、財布にも優しくなる様に、できる限りエコ運転を考慮している今日この頃。

無駄にアクセルを踏むのをやめ、早めにエンジンブレーキなどで減速などを心がけなければ、とまわりの目を気にしてしまいました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。