FC2ブログ

いつかはPremium

プレミアムという言葉にあこがれている,サラリーマンの日記。


■■車関連の本,DVD,ミニカーが欲しいと思ったら欲しい本、DVD、ミニカーがみつかる、Store Amazon


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | にほんブログ村 | 車ブログ
三菱自動車のギャランフォルティスにモデルが追加された。

今度はハッチバックモデルの5ドア。

ちょっとデザインがクーペっぽく,デザインが良いと思うのは自分だけでは無いはず。

ランサーエボリューションばかりが持てはやされる三菱自動車のセダン。

そのランエボの通常バージョンのギャランフォルティス。

そのハッチバックモデルが発売されたというこは,あのスバルのインプレッサに対抗してのことだろうか。

などといらない勘ぐりをしてしまう。

価格は\1921500からとなっている。

どうせなら現状でフラッグシップモデルとなるラリーアートに試乗してみたい。

スポンサーサイト
NISSAN フェアレディZがフルモデルチェンジ。

いままでも年次改良が施され,毎年の様にニューバージョンが登場。

こんどは本当にチェンジしたモデルの発表となった。

昨今のモデルチェンジする車種は,コンパクトカーであってもプレミアムカーであっても,ましてやスポーツカーも例外なく拡大していくそのサイズ。

しかし今度のフェアレディZは,全長は4250mmと-65mmと若干ではあるが短くなっている。
ちなみに全幅は+30の1845mmとますますアメリカンサイズとなってしまうのは,北米を意識して設計されたからなのだろうか。

それはともかく,今度のZは何がすごいのか?

もちろん運転してみれば一目瞭然と判るのだろうが,乗車する機会が恵まれないのが残念だ。

でもこのZには,一昔には当たり前であったマニュアルシフトのモデルが用意されている。

もちろん3ペダル方式だ。

ちなみにATは7速となり,マニュアルよりも1速多い段数。

これらのトランスミッションはいずれも,新しい技術が惜しみもなく導入されており,その値段に見合った楽しみをドライバーに与えてくれるのだろう。

またエンジンについても出力アップにもかかわらず,燃費が向上しているのはありがたい。

でもこのクラスの車を所有する人は,あまり燃費など考慮しないのではと考えるのは自分だけだろうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。