FC2ブログ

いつかはPremium

プレミアムという言葉にあこがれている,サラリーマンの日記。


■■車関連の本,DVD,ミニカーが欲しいと思ったら欲しい本、DVD、ミニカーがみつかる、Store Amazon


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | にほんブログ村 | 車ブログ
球団が変わった。

オーナーが変わった

監督が変わった。

チームが変わった。

この時期ではあるが、成績が変わった。

この調子でペナントレースも戦い方が変わった、という印象を持たせて貰いたい。

そしてクライマックスシリーズに出場して、あわよくば日本シリーズへ・・・。

今だから語れる今シーズンの夢です。

スポンサーサイト
プロ野球、横浜ベイスターズ。

親会社がTBSからDeNAへと変わろうとしている。

まだ参入が認められたわけではないので、現在はまだTBSが保有していることになる。

さてさて、先日の事ですが尾花監督が解任されました。

3年契約だからといって、2年も連続して最下位では致し方ないですね。

責任ということでは指揮官が辞めるのは、成績があれではしょうがない。

フロントの方では誰が責任をとったのかは知りませんけど。

ここで次の監督は誰なのか?

一時期、スポーツ新聞では元ジャイアンツのクロマティ氏だとか、先日中日の監督を辞められた落合氏。

そして元ライオンズの工藤氏などいった名前が出てきている。

何を優先にして監督人事を決めるのか。

このチーム状態ではお客が呼べるとか、魅力ふんぬんとか言っていられないでしょう。

とにかく勝てるチーム作りが大切。

やはりきちんとしたビジョンを持った人がいいですね。

そしてやる気を持たせてくれる人。

これは選手はもちろんだが、応援するファンもその気にさせてくれる人。

そのためにはやっぱり勝てるチームを作り上げてくれる人なんて最適です。

でも誰が適任かはわかりませんけど。

横浜ベイスターズの話題を少々。

さまざまな混乱の中、親会社がTBSからDeNAへと変わることがほぼ間違いなくなった。

ここまで成績が低迷していては、だれも文句ないだろう。

TBSがあまり乗り気でなかったのは、球団を保持した経緯からも明らかだ。

これからどんなチームとして育てていくのか。

DeNA側は長期的にチームを保持し、フランチャイズも横浜のままに据え置くと言ったとか。

どこまで信頼できるのか不明であるが、横浜から離れるという心配はしばらくなさそうだ。

ちなみに球団名は?

「横浜DeNAベイスターズ」になるということになるとか、ならないとか。

せっかく球団名に社名がのぞかれたチームであったのにちょっと残念である。

それでも球団が存続してくれているだけでも、ファンとしては御の字だろう。


そういえば尾花監督が解任され、これから首脳陣の人事ということになるのだが。

どっかの誰かがお客を呼べる監督を・・・などと言ったとか。

ファンとしては野球を楽しみたい。

パフォーマンスよりも純粋に野球を観戦するためにスタジアムへ足を運ぶのです。

そこを誤らないでいてもらいたいですね。

身売り問題で揺れていた横浜ベイスターズ。

とりあえず身売りは無かったということで、話は破談になったそうだ。

これで一件落着・・・とは行かないだろう。

きっと来年には別の新しい会社が名乗り出ていると思われるからだ。

それにしても買うと手を挙げた会社は何を考えていたのだろうか。

報道によると単なる宣伝道具の一つで、もしかしたらはじめから買う気など無く、名前を売り込むのが目的だったのかと勘ぐってしまう。

さらにTBSは来年度、どんな対応を球団にするつもりなのか。

さらなる経費節減、ということで、村田や内川といった高額年俸選手の放出を認めるということですよね。

一部のファンは納得しないだろうが、中にはそれでも結構と思っている人がいるはず。

村田の代わりには筒合が三塁を守り、内川の代わりとしては松本など若手ががんばってくれるはず。

変なプライドなどが無いから、もしかしたら大化けしてしまうかもしれない。

そもそも昔っからのファンというのは、勝つことも嬉しいが、たとえ弱くても愚痴を口にだしつつ応援し続けます。

まだ最下位も3年続いただけ。

史上初の90敗といっても、最近は試合数も多くなっているし・・・などと考えればまだまだ。

来年こそは5位を目指してがんばってほしいものです。




プロ野球、それも横浜ベイスターズについて・・・。

こうかけばプロ野球史上初の3年連続の90敗到達、さらには球団の身売りなど寂しい話題がつきない。

きがつけば、ブログ上にも書くことが出来ないくらい悲惨な数字。

何試合か観戦にいった横浜スタジアムであったが、それなりに熱気は感じられた。

しかしそれは応援するファンの方。

グランド上の選手からは、勝つぞという強い意志みたいなのを感じられない試合展開ばかり。

指折り数えれば全部負けていたのであった。

そう考えれば身売りも当然か。

そもそもTBSは球団が欲しくて手に入れたのではなく、結局そうなっただけという結果。

次の親会社がどこになるのかまだ決まっていないだろうが、せめて横浜から移転するのだけは勘弁してください。

いままで通った横浜スタジアム。

個人的にはプロ野球観戦の原点であり、20数年間の思い出がここには詰まっているところ。

新潟という声もあるところからは聞こえてきているが、そんな遠くになれば足を運ぶことが出来なくなってしまう。

とりあえず、早々の決着を望みます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。