FC2ブログ

いつかはPremium

プレミアムという言葉にあこがれている,サラリーマンの日記。


■■車関連の本,DVD,ミニカーが欲しいと思ったら欲しい本、DVD、ミニカーがみつかる、Store Amazon


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | にほんブログ村 | 車ブログ
トヨタから新しいクラウンのニュースが流れてから、どれくらいの時間が経過しただろうか。

はじめにそのフェイスを見たときは、ちょっと引いてしまった。

それでも見慣れてくると、違和感を抱かなくなった。

そしてディーラでの展示車を目にすると、なんだか格好良く思えてくる。

さらに走っている姿をバックミラー越しに眺めると、これまた格好良い。

特にアスリートは素人目からするとずいぶんとスマートに見えてしまうのは気のせいか。

後ろ姿はクラウンそのものだが、前からみてもそれはクラウンというアイコンになっている。

プリウスに様に町中に溢れることはまず無いと思うが、久しぶりに見た格好良いセダンだ。





スポンサーサイト
もうだいぶ時間が経過しているがトヨタのオーリス。

新型はまだ走っている姿を見かけたことはない。

でも魅力的な車種であることは間違い無いだろう。

何がってコンパクトでありながら6MTが装備されているという点。

旧型のオーリスは1.5リットルモデルと6MTのモデルを運転した経験があるが、なかなか良かった記憶がある。

1.5リットルモデルの方は久しぶりの非マニュアルミッションであったので、おっかなびっくりであったが出だしがもたつくのがきになった程度で室内の広さなのが魅力的であった。

一方の6MTモデル。

こちらも運転していてあまり疲れないというのが第一印象。

やはり最近の車は作りが違うのかなぁ~などと感じたことを思い出した。

今度のオーリスもきっと走って楽しく、みんなで快適に移動できる車にしあがっていることだろう。

エクステリアデザインも嫌いじゃない。

逆輸入車のアベンシスを小さくまとめた印象の顔。


そうそう、パリモーターショーではこのオーリスのハイブリッドや、さらにワゴンが追加発表されたとか。

日本への導入は両方のモデル共に期待薄だが、ワゴンモデルは是が非にも追加してもらいたい。

次期車の候補としてワゴンも所有してみたいという欲求があるからだ。

アベンシスでは大きく、カローラフィルダーではなにか物足りないというユーザもいることだと思いますが。

実現するかな。


新型オーリスのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)
新型オーリスのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)
三栄書房 2012-09-12
売り上げランキング : 1451


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



マツダアテンザ。

マツダの主力もでるであり、最上級車種。

セダン、スポーツ、そしてワゴンと車両も豊富に取りそろえている。

そんなアテンザもフルモデルチェンジが近いそうだ。

こんどのモデルはCX5で好評のディーゼルエンジンや、エッジの効いたスタイルで人気を博しそう。

ただ難点は相当でかくなるというボディサイズ。

国内向けではなく主は欧州をはじめとした海外市場なのだろうから、こればかりはしょうがない。

大きい!

という文句をいう奴はアクセラとかなら小さめですよという声が聞こえてきそうだ。

スバルXVという車が発売された。

見た目はインプレッサの姉妹車の様にもみえる。

数年前にはインプレッサXVとして、なんちゃってSUVが売られていたそうだ。

過去はともかく、なんとなくこのスバルXVは格好良い。

何が良いのか。

わからないけど、ホームページを見た限り惹かれてしまった。

こういう理由から発表直後にカタログ請求。


届いたカタログを見ていたら、今までのスバル車のカタログとは雰囲気が違う。

(レガシィB4やツーリングワゴンのカタログしかしりませんが)

なにかポップな雰囲気でカジュアルな装いが似合う車なんですね、きっと。

インプレッサも購入の意欲を高める要素があったが、XVは初めてSUVの車種で物欲を刺激した車種かもしれない。

ちなみにアイサイトが付くモデルで250万円ほどだとか。

もしかしたらお買い得なんじゃないの?

縁が無いとわかっていても気になる。

そう、雑誌 「BMW3シリーズのすべて」 を買うことで満足なのですよ。

手に入れられない、というのは重々承知です。

でも雑誌を読むくらい、むなしいけどそれが限界です。

間違ってもディーラには足を踏み入れられない。

だって指を加えて、実車を観ている自分が悲しいから。



BMW3シリーズのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報/インポート 20)
BMW3シリーズのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報/インポート 20)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。